クッションファンデーションで化粧ムラ直しを無くす。忙しい主婦が愛用するファンデ。

こんにちは。

おこまです。

 

先日息子と娘、そしておこまでテレビショッピングをみていたとき

「お母さん、このファンデーション買った方がいいんじゃない?」

 

え!?

 

息子にいわれた。

 

なぜか娘にいわれるよりショックを受けた母おこま。

早速その化粧品を買ってしまうという衝動買いを久しぶりにした。

その名も「クッションファンデーション」

 

 

今回は、「息子の一言」のおはなし。

娘より息子に言われる方がショック

 

kussyonnfannde-syonn-terebisyoppinngu

その日は野球(我が家は息子も娘も少年野球をやっている)が終わって、まったりしていたとある午後の日のことでした。

 

日曜日の日中のテレビって、とくに見たいものもないことが多く、息子と娘はよくテレビの通販ショッピングを見る。

 

ま~!スティーブ!すごいじゃないこの商品!

そうだろ!エリー!最近ハマっているんだ!

どんな商品なの?詳しく教えてくれる?

いいとも!早速商品を詳しくみてみよう!

 

と、どべたな展開が面白いらしく、よくみる。

 

そのときは、たまたま日本の通販番組。

日中の主婦の皆様を狙ったファンデーションの紹介でした。

息子の一言

なんの拍子なく、突然息子がポツリ。

 

「お母さん、このファンデーション買った方がいいんじゃない?」

 

え?

 

「最近シミが増えてきた気がするし、こればっちり隠れるらしいよ。」

 

え!?え!?

 

「野球で日焼けとかするから、これからどんどん必要になるよ。」

 

え!?え~~~!?

 

そして最後に娘がポツリ

 

「確かに」

 

え~~~~~~!?

 

普段、おこまはテレビの通販番組を見ても全く心動かされる人間ではありません。

 

しかし 

 

今回ばかりは、あまりのショックに思わずインターネットでポチッと衝動買いをしてしまった。

 

おこま人生で初めて通販ショッピングの罠にはまる。

 

衝動買いをした化粧品

 衝動買いをしたのはこちら


美容液クッションファンデ!驚きのカバー力の Suhadabi Aluce クッションファンデーション【初めての方限定!特別価格】

クッションファンデーション

おこまが愛用しているスティックファンデーションも聞きなれないけれど、パウダーファンデーションでもリキッドファンデーションでもない。

f:id:okomanoheya:20200130115603j:plain・主婦の化粧品におすすめのアイテム。スティックファンデは使い方簡単!

www.rakutinnrabo.com

 

クッションファンデーション。

 

名前も良く知らないようなファンデーションで、な~な~で横目で見ていたためテレビの内容も良く覚えていないのに、よくも購入したと自分でも思います。

 

まさに、これを衝動買いと言わずなんという。

化粧ムラができない

化粧の方法もよくわからなかったのですが、息子いわく「とにかく簡単」というので、とりあえずパウダーファンデーションのようにパフにつけてぬ~りぬ~り。

 

「お母さん!塗るんじゃなくて、ポンポンすんだよ。」

 

あ、はい・・・

 

 よく見ていた息子の指導の下、ポンポン。

 

お~~~~

 

なんということでしょう。

化粧ムラが一切できないではありませんか。

 

愛用のスティックファンデーションは、パウダーファンデーションやリキッドファンデーションよりも化粧ムラができにくいことが長所でした。

 

でも、このクッションファンデーションはその比じゃなかった。

 

小さなシミなら一瞬で隠れます。

大きなシミも適度にうっすら。

 

ファンデーションを塗りたっくて、白いお化けになるのかと心配している人もいるかもしれませんが、全然そんなことない。

 

ホントに自然にうっすらと隠してくれるので、厚塗りにいっさいにならない。

とにかく自然な出来上がり。

 

気になる大きなシミは最初にペンシルのコンシーラーをちょんちょんとのせて、その上にクッションファンデーションを塗るといいです。

↑ 適度に硬くてぶきっちょさんにも扱いやすい。
これだけは昔から変わらない。

ぶきっちょでもOK

 そんなわけで、シミを隠すために色ムラや厚塗りを避けるため、コンシーラーや下地などあらゆる化粧道具を駆使して、化粧をおこなっている。

 

けど、どうにもうまくできん。

 

という、化粧が苦手、へたっぴな人にもおすすめできる。

 

なにを隠そうおこまは昔から化粧が大の苦手!

 

そのため数々のファンデを渡り歩いてきた。

 

そんなわたしでも、女優さんのような陶器のお肌。

とまではいいませんが、シミやクマなどが適度に隠れて肌がキレイにみえます。

ものすごい時短

 なので、下地を塗ったりする必要は一切ない。

 

しかも化粧ノリを良くするための化粧前保湿に手が抜けるようになったので、ものすごい時短。

 

さらに、めんどくさがり屋のおこまにありがたいのは、結構適当に塗ってもいい。

 

塗り過ぎは気をつけましょうと、説明書にかいてありましたが、そこまで恐れなくてもバシバシやって大丈夫。

 

ビバ!適当!

 

顔洗って保湿して、クッションファンデーションポンポン。

眉毛書いて、マスカラをしたとしても、ものの10分くらいで終わる。

 

ありがとう!楽ちん!

 

息子よ、ありがとう~まとめ~

kussyonnfannde-syonn-rakutinn

普段から娘にはファンデーションの色がどうだとか、シミを上手く隠すにはどうしたらいいのかとか、マスカラとはなんぞやとか、いろいろ化粧品の女子トークをするので、多分娘に言われていたら「ハイハイ」で終わっていたと思います。

 

今どきの小学生はそういうの早いのよ。

 

でも、まさか息子にいわれるなんて。

 

と、衝動買いした商品だったのですが、結果オーライ。

 

詰め替え用もセットで、初回ならお安く購入。

まだ詰め替えしていませんが、1個で2~3ヶ月はもちます。

コスパもいいです。

 

息子よ。

今回ばかりは、グサッと来る一言に救われた。

 

「まだお母さん見た目は若いから大丈夫!」

 

ありがとうよ!息子!素直に受け取るよ!

 

 

 

奥様どうでしょう。 

人生ではじめて、通販の罠にはまってみるのは?(笑)

 

しかし、娘にいわれるより息子のいわれる方がショックだと初めて知った事件だった。