アトピーにおすすめの石鹸。ミヨシ無添加石鹸で気をつけること。

こんにちは。

おこまです。

 

下の子は、とっても肌が弱い。

小さいころは一時アトピーで苦しめられました。

 

だから、傷だらけの皮膚にやさしい石鹸を色々試したもんです。

 

わたしもこどものときアトピーで遺伝してしまったようで。

 

幸いなことに現在は二人とも治りましたが、アトピーってつらいのよね(自身体験済) 

 

 

というわけで、今回は「アトピーっ子におすすめの石鹸」のお話。

ロフトネットストア

基本無添加

atopi-mutenkasekkenn

アトピーの人がとくに気をつけた方がいいとされるのが洗剤。

 

幸いおこまのうちは、かなり軽いアトピー。

日々のケアで大丈夫といわれる程度でした。

 

でも、親としては血だらけのこどもを放っておくわけにはいきません!

 

服はちくちくしていないもの、髪の毛はなるべく短くするかしばる。

 

あーでもない、こーでもないとたくさんやりましたとも。

 

今では懐かしい。

ミヨシ石鹸シリーズ

で、一番気を使ったのが石鹸。

 

いろいろ調べて行くうちに出会ったのが「ミヨシ石鹸」という無添加石鹸。

 

このアトピー騒動で出会い、もうかれこれ10年以上のお付き合い。

 

最初は固形の石鹸から始まって、今では泡の出るポンプ式も販売されるようになりました。

 

最近はスーパーやドラッグストアでもよく見かけますが、前はなかなかなくてネットで注文するしかないときも。

 

ネットの方が断然安い!

 

無添加で「界面活性剤」が入っていない。

しかも、原材料が単純明快。

 

牛脂脂肪酸Na、パーム核脂肪酸Na、水、グリセリン、塩化Na、のみ!

※塩化Na(塩)、塩が入っているからと滲みることはございません(笑)

 

無添加な上に低刺激でとっても使いやすくておすすめです。

 

ミヨシ石鹸の公式サイトはこちら。

miyoshisoap.co.jp

皮脂を取る力がすごい

atopi-mutenkasekkenn-nioitaisaku

ただね、ものすごくおすすめの石鹸なんですが、ちょっとした欠点があるんです。

 

それは「皮脂」を取る力がすごいこと!

 

洗い上りのサッパリさが、ハンパない。

 

もうほかの石鹸使えない。

 

いやね。

これいいことなんです。

長所です。

 

でも肌の弱い人には「皮脂」も大事。

 

この石鹸を使用した後は、必ずお医者さんでもらった保湿クリームを使用してくださいね。

塗らないと肌がガサガサになります。

 

イコール、アトピー悪化です。

 

要注意です!

だから匂い対策

アトピーの治った現在は、少年野球で日々汗を流すこども2人と旦那の加齢臭対策として常備。

 

シャンプーもあるから色々重宝してます。

 

だって、頭の匂いとかくっさいの。

 

頭の匂いや体の匂いは、汗や油の匂い。

このミヨシ石鹸は、この油をとにかく落としてくれる。

泡立ちもいいから、これでゴーシゴーシすれば頑固な頭の皮脂汚れもすっきり。

 

旦那もこの石鹸がきれると、ほかの石鹸ではぶーぶーいいます。

 

あんまり普段文句言わないのですが、これはお気に入りのよう。

 

ハンドソープもこれを使っているのですが、調理とか掃除とかが多い日は次の日にガッサガッサする。

 

忙しさにかまけて、クリーム塗らないと命取り。

 

だから必ずクリーム使ってね。

 

この後の保湿さえ気を付ければ、いうことなしのおすすめの石鹸です!

 

ちなみにおこまの愛用クリームはユースキン。

 

別にいい香りがする石鹸ではありません。

無臭の、どちらかというと油のような薬品のような特徴的な匂いがちょっとする。

 

でも、嫌な臭いでは全然ありませんし、油臭が残るわけでもありません。

 

全然無問題。

f:id:okomanoheya:20200130115603j:plain

www.rakutinnrabo.com

 

ちょっとした油性のペンやファンデーションまでがっつり落としてくれる上に、少年野球で泥だらけになった白いズボンもすっきりきれいにしてくれる。

 

そうなんです。

洗濯洗剤としても実は優秀。

 

少年野球の泥汚れなんて、普通の洗濯洗剤使うよりもミヨシの石鹸でちょっとゴシゴシするだけで全然とれる。

泥汚れ対策ウタマロにも引けを取らないと思います。

困っているお母さんにおすすめ。

 

なにげにとっても重宝してます。

 f:id:okomanoheya:20200130115603j:plain 

www.rakutinnrabo.com

 

気をつけることは~まとめ~

atopi-mutenkasekkenn-kiwotukerukoto

気をつけなければいけないのは、おこまの下の子にはこの石鹸がとっても合ったけど、アトピーの子全員によいとは限らないということ。

 

わたしも子供のころ軽度のアトピーで、親が色々試してくれました。

 

親の立場になると、親の気持ちがよくわかる。

 

やっぱり病院で処方されたものでも合わなかったりするから、こういう市販のものはさらに慎重にお試しください。

 

ちなみにうちの子は、寝ている間にボリボリするクセがあって苦労しました。

 

そんなときは手袋。

 

でも、そのまま手袋しときゃいいわけでない。

 

寝てる間に手袋が取れないように固定します。

 

紐やゴムではダメ。

取れないように脱がないようにギュッと締めてしまうとうっ血します。

 

だからガムテープで手首のあたりを一巻。

 

ただ、結構蒸れるので重症の場合など、まずは先生に相談してみてください。

 

長袖パジャマだったら、袖口に縫い付けたりもしました。

ボリボリ傷だらけになるの見てるとしのびないから、それなりの工夫は必要。

 

我が家はそんなこんなで、現在はぴんぴんしとります。

 

 

そして、このミヨシ石鹸加齢臭対策にもホントすごいから。

 

お父さん、お一つどうでしょう?

 

ポンプ型が使いやすくておすすめです。