めんどくさがり屋の節約術。楽ちんは節約に通じる!

こんにちは。

おこまです。

 

楽ちんを追い求めて早10年以上。

 

その中で、おこまが実感したことがあります。

 

それは節約。

 

 

楽ちん節約がどうつながるのか。

今回は、「楽するといいことあるかも」のおはなし。

楽ちんをするということは

rakutinn-setuyaku

楽ちんをするということは、節約に通じるといいましたが、それが一体どうつながるのか。

 

おこまが実感した具体的な内容をまとめてみました。

余分がなくなる

楽ちんをするということは、余計なことをしなくて済むようになるにも通じます。

 

水道代を節約しようと思ったら

  • 洗濯の回数を減らす
  • お風呂の水を有効利用する
  • トイレを節約タイプのものにする

などなどがあると思います。

 

でも、おこまが一番大事だと思うのは使わないときは止めることだと思っています。

 

例えば、歯磨きして居るときに水を出しっぱなしにしない。

シャンプーのときもシャワーは止める。

食器洗いのときも頻繁に水を止める。

 

実はこれだけで、水道代ってかなり減らすことが出来ます。

 

洗濯の回数を減らすといっても洗い物が多ければやっぱりお水は使わなければなりません。

トレイを節約タイプにするには初期費用がかかります。

 

お料理をするときも掃除をするときも同じ。

 

どんなにいい料理道具を持っていても、掃除機を持っていてもやりっぱなしは無駄遣いになります。

 

お鍋で煮込んでいるときダラダラとガスをつけっぱなし、掃除をするときにものをうごかすときも掃除機をつけっぱなし、思い返すと結構電気やガスも無駄遣いしていること多いんではないかな~。

 

ちなみにおこまの家のガス代は、別に節約を意識して日々生活しているわけではありませんが、夏場でもちゃんと湯船ためて3,000円(都市ガス)くらいでおさまることも。

 

おこまが日々の生活で意識しているのは

 

包丁・まな板使いたくない!

夏場は暑いから揚げ物とかしたくない!

朝ギリギリまで寝てたい!

洗い物は少ないにほうがいい!

献立考えるのはめんどくさい!

 

など、とにかく楽したいがために生活しているだけ。

 

つけっぱなし・やりっぱなしと同じで、ちょっとした無駄をやめているのが楽ちん術の極意w

 

大したことやっているわけではないんですが、それが自然と節約に通じることになります。

 

余分なことをしたくないから、それだけの生活で出来ちゃう!

必要なものが劇的に減る

そして楽ちんをすると、必要なものが劇的に減ります。

 

例えば保存容器。

 

洗い物をしたくない。

料理を毎回考え作るのは大変。

炊いたご飯をおいしく保存しときたい。

でも、お皿に移し替えるのはイヤ。

 

というわけで、見た目も良い、機能も充実した保存容器を購入。

 

そのおかげでお皿が劇的に減る。

f:id:okomanoheya:20200130115603j:plain・保存容器でラップ消費量激減。保存容器活用術と注意点。

www.rakutinnrabo.com

 

ほかにもお鍋をそのまんま食卓に出したいから、鍋料理が増える。

洗い物が劇的に減る。

もちろんそうすると、洗剤も減る水道水も減る。

f:id:okomanoheya:20200130115603j:plain・鍋をそのまま食卓へ!洗い物を少なくする方法はたくさん。

www.rakutinnrabo.com

 

お弁当も楽ちんしたいから、洗わないお弁当箱という選択肢を取る。

f:id:okomanoheya:20200130115603j:plain・お弁当箱はノーパッキン。わたしのこだわりのお弁当箱選び。

www.rakutinnrabo.com

ほかにもいろいろ。

  

楽ちんをしたいがために、余分なことをしなくなったので、それにくっついて来た諸々の道具・時間がなくなった。

 

つまり必要なものが少なくなった・無くなったわけです。

 

そうすると、それらを維持・管理するためのお金も動かない。

 

生活費の節約になってた、という流れです。

 

繰り返しますが、おこまは別に節約が趣味ではありません。

あくまで、楽ちんを追及しているぐーたら主婦に過ぎません。

 

でも、楽ちんしてたらいい結果につながってたという実感から、今回まとめてみましたw

節約にチャレンジして失敗したなら~まとめ~

rakutinn-setuyaku-sippai

「食費 減らす方法」「光熱費 削減」などでネットで検索をして、実際にやってみると、なかなかどうして上手くいかない。

 

家族4人で月の食費4万円で済みました!

 

なんて、話を聞くと

 

わたし全然だめじゃん・・・

 

と、ショボ~ンとなってしまいます。

 

でも、食事の内容はその家ごとに違います。

実家からお米や野菜が分けてもらえる。

お弁当を毎日持っていく家族が多い。

共働きだから、どうしても外食や惣菜に頼ることが多い。

 

そんな中で、食費を調整するのってものすごく難しいと思います。

 

光熱費・他の経費であっても同じかと。

 

おこまは節約するということがどうしても出来ませんでした。

 

最初は頑張れるんですけど、だんだん辛くなってくるんですよね。

辛くなると、もちろん続けていくことは出来ません。

 

めんどくさがり屋のおこまは、意識して今月は食費予算オーバーしているからこことここを減らそうとか、思ってはいても行動することができないのです。

 

お菓子は食べたい!

外食はしたい!

お肉もいっぱい食べたい!

 

でも楽ちんをするということはもう10年以上続けて来ています。

 

その中で知らぬ間に節約にシフトされていっていたんですね。

 

今も節約を意識して生活することは、ほとんどありません。

 

というか出来ません!

 

 

おこまのようにめんどくさがりやで楽ちんを追求している主婦・主夫のみなさん。

多分追求すればするほど、節約に自然にシフトしていることを実感すると思います。

 

節約と意識して、無理する必要はありません。

自分にあった自分の楽を探すのが一番。

 

とりあえず、日々の生活を楽にする方法を考えてみませんか!

楽ちんってすばらしいよ!(おこま談)

 

おこまの楽ちん生活をまとめた記事はこちらです。

f:id:okomanoheya:20200130115603j:plain・めんどくさがり屋の主婦の生活管理術2019年まとめ。なんでも楽ちんが最高!

www.rakutinnrabo.com

 

 

まずは買い物行くのがめんどくさいと思っているなら、食材宅配サービスは必須。