こどもの思い出保管箱。我が家の思い出はキーホルダー。

こんにちは。

おこまです。

 

おこまはめんどくさがり屋です。

 

はい。

申し訳なくなるぐらいめんどくさがり屋です。

  

だから、旅行やお出かけの思い出の保管方法もちょっと他とは違うかも。

 

 

というわけで、「思い出はここにある!」こどもへの証拠品について。

アルバム写真や日記は出来ない

omoide-hokannhouhou-mendokusai

旅の思い出に写真を撮って日記などのアルバム帳にまとめているお父さん、お母さんたくさんいると思います。

 

でも

 

おこまには出来ない・・・

 

最初のころは頑張っていたんですが、それが毎度毎度になると

 

もういやじゃ~~~

 

写真はただ携帯に保管され、気が向いたときにパソコンへ保管。

日記なんて、全然書けず。

 

それでも思い出はちゃんと残しておきたい。

 

おこまのわがまま根性炸裂です。

 

あまりにもめんどくさがり屋過ぎる・・・

 f:id:okomanoheya:20200130115603j:plain・めんどくさがり屋の主婦の生活管理術2019年まとめ。なんでも楽ちんが最高!

www.rakutinnrabo.com

 

そこで考え出されたのが、現在我が家の旅行ルールの一つとなっている手段。

考案出された手段は旦那と共通のアレ

omoide-hokannhouhou-gotoutiki-horuda-

不思議と日本人って、観光地でキーホルダーやらステッカーやらお土産をやたら買い求めます。

 

おばあちゃんとか、温泉地の提灯とか買って鴨居にかけてたりしてませんでしたか?

近所のおじさんのお家に三角の布っきれが貼ってあったりしませんでしたか?

※ちなみに「三角の布っきれ」はペナントといいます。

 

ご多分に漏れず、おこまもその一人。

 

どこかへ行くたびに、キーホルダーやらなにかしらを購入していました。

旦那さんも同じように、なんと気なしになんだか購入する。 

 

こんなにいろいろ購入しても、それが後に役立ったためしがない。

 

あとで買ってよかったってなれたらいいのにね~

 

押し入れの肥やしになるだけなら、買わなくても良くない?

 

 

 

 ・・・・・・・・・・

 

 

でも、旅の思い出になんかほしいんだよ~

 

そこで、旦那と合点。

 

そうだ!これを思い出の品にしよう!

 

キーホルダーを集めよう

そう。

ご当地キーホルダーです。

 

今の世の中、ご当地キーホルダーなんて、その辺の道の駅に行っても購入することができます。

 

おこまと旦那はそこに目をつけました。

 

かくして、我が家の旅行の暗黙のルールが確立。

 

それは

 

「ご当地キーホルダーを入手せよ!」

 

です。

 

わたしたち夫婦のどちらか一方であっても、こどもたちだけであっても、これが必ず守られるという不思議。

 

写真撮って来てね!

おいしそうなお土産買って来てね!

どんなところに行ったのかパンフレットとっておいてね!

 

なんてのは、旅行中は意外に忘れてしまうことがあるもんです。

 

とくに、おこまのようなタイプ。

 

いつも夕食の写真を撮ろうと思っていても、半分食べ終えたころに気づく。

 

しまった。

もう食べちゃったよ。

 

わかってくれた方、ありがとう!

 

そうして購入してきたキーホルダーは、封をあけることなくそれぞれのこどもたちの旅行の思い出箱にストックされていきます。

 

どうしてもご当地ものが無い場合は、そこの入場券や記念になるようなものをストック。

ちょっとしたドライブのときでも、日帰り旅行でも必ず集めています。

将来のこどもへの証拠品?~まとめ~

omoide-hokannhouhou-syoukohin

将来こどもから、「こどものときどこへも旅行へ行った記憶がない」というわれたとき

 

なにをぬかすか~~~!!これを見よ~~~!!!

 

と、証拠品として集めている感じが強くなっている現在。

 

それぞれ段ボール一箱分になりつつある。

飾っておくとか、そういったことでは全くないです。

 

キーホルダーという思い出を入れていおく保管箱のみ。

 

ただただ、行ったという満足感を得るために過ぎない。

 

もはや、親の義務感を果たした安堵を生む証拠品。

  

でも、不思議にちゃんと思い出があるんです。

あるキーホルダーを手に取ると、「ああ、そういえばここでアレを食べたな」とか、ある入場券を見ると、「そういえば、ここで和式トイレしかなくて大騒ぎしたな」とか、たくさん思い出せるんです。

 

写真や日記など直に伝えてくれるものではないけれど、親のわたしたちにはそれぞれにちゃんと記憶が残っている。

 

将来こどもたちが、この段ボール箱もらってどんな気持ちになるかはわかりません。

 

こんなにたくさんキーホルダーもらっても困ります・・・

 

多分そうなるよね。

それはそれでおもしろい趣向かな、と巣立っていくその日までせっせと集めて行きます。

 

 

え?

 

そんなものより結婚式で写真が必要だって?

大丈夫。

 

写真も一応撮ってあるから。

お母さんときどき写真屋さんちゃんといってるよw

 

 

思い出保管箱の中には、赤ちゃんのときの写真やへその緒・乳歯、初めての靴など小さいころの思い出をひたすら入れておきます。 

賞状なども最近追加されるようになってきました。 

量も増えたし、そろそろ茶箱かな~。 

 

この茶箱に入れて思い出を収納するのは我が家の伝統のようで、おおばあちゃんの時代からそのようにしています。 

  

防カビ・防虫・防臭性にすぐれているので、大事なものを長期保管して置くなら断然おすすめ!