パジャマを着ない旦那さん。人生初のパジャマを購入する。

こんにちは。

おこまです。

 

夜寝るときパジャマ着て寝ます。

おこまはこどものときからです。

もちろん、こどもたちもパジャマを着て寝ます。

 

でも

 

我が家で一人だけ、パジャマを着ない人間がいます。

 

それは旦那さん。

 

 

今回は「人生で初めてパジャマを着るの巻」のおはなし。

なぜパジャマを着ないのか

menzupajama-nazekinainoka

旦那さんいわく「記憶のある限りパジャマを着たことがない」んだそうだ。

 

赤ちゃんのときや乳幼児だったころは着たことあったかもしれませんが、物心ついたころからはパジャマに関する記憶はないのだとか。

※旅館とかホテルなどは別ね。

 

寝るときに来ているのは、ジャージとかお気に入りだったけどなかなか捨てられないTシャツなんかを着ています。

 

色褪せちゃったけど、好き過ぎて捨てられないってやつね。

 

結婚した当初は、何度もパジャマを買ったらどうかと提案したことがありました。

 

でも、旦那さんはパジャマなんか着なくてもその辺にあるジャージでいいといって、かたくなに拒否。

そのうち、おこまも説得するのがめんどくさくなって好きなもの着て寝て下さいとなってしまった。

 

それから十数年。

さらに、物心つくころから計算するとかれこれ40年近く。

 

なので、旦那さんはパジャマを着ないで人生のほとんどを過ごしていたことになります。

 

ある意味すごい。

 

最大の理由:すぐに行動できない

最大の理由。

そもそもパジャマを着ない旦那さんにもちゃんとした言い分があります。

 

それはすぐに行動することが出来ないから。

 

どういうことかというと、例えば誰か玄関のチャイムを鳴らしたとします。

もしパジャマの格好のままだと、すぐに対応することが出来ません。

 

寝ているときに急にコンビニ行きたくなったとします。

わざわざ着替えてパジャマを着替えてからでないと行けません。

 

地震が夜中に起こったとします。

すぐにパジャマのままで逃げられない。

 

ほかにも、いろいろあるようですが、ぶっちゃけおこまには意味不明。

 

全てそうそう起きることではない気がする・・・

 

とにかく、旦那さんは寝ていることありきでものごとを考えているのがよくわかる。

 

仕事の関係かもしれませんが、寝れるときに寝て、起きたらすぐ行動しなければならないようなパターンが多いお仕事なので。

 

だから、家に居るときもこのクセ?性根?生活?が変えられない。

 

これ学生のころからもこんな感じで生活していたようで、昔から落ち着いて寝ているイメージが全くないのです。

 

この人、本当に寝れているんだろうか?

 

でも、大人になった大の男を今更変えるのは並大抵のことでは出来ません。

だから、おこまもそのまま放置し、現在に至ってしまった。

人生初のパジャマ!

menzupajama-hajimetenokansou

ところがです。

 

つい先日。

本当にある日突然です。

 

旦那さん:お母さん(おこまのことね)、パジャマ買ってください。

 

ど、どうしたんですか!!!旦那さん!!!

 

パジャマを着ずにかれこれ築いてきた半生。

それなのに突然の方向転換。

 

話しを聞くと、どうやら寝ている最中にそういった緊急性の事態はそうそう起こらないんじゃないかと思い始めたようです。

さらに、ゆったりしたパジャマで寝れば深~い眠りにつけるのではないかと考えたんだとか。

 

今更気づいたのか・・・

 

確かに、パジャマのせいも一理あるとおこまは思います。

 

というわけで、早速旦那さんとパジャマを買いに行くことになりました。

パジャマのことを本当に知らなかったよ

しかし旦那さん。

本当にパジャマのことを知らなかった。

 

まずもってどこで売ってるの?から説明。

 

そんなのそこら辺のイオンとかでも売ってます!!!

 

寝具の専門店とか、パジャマの専門店とかに行かないと売っていないと思っていたらしい。

どんだけパジャマを知らな過ぎるんだと、おこまもびっくりでございます。

 

さらに

中に肌着や下着を着るのか?

(普通はパンツ履いてタンクトップとか肌着かな~)

とか

寒かったら中にTシャツとか着た方がいいのか?

(Tシャツ着たらパジャマの意味がないです~)

とか

長袖は夏に着てもいいの?

(個人の自由ですね~)

とか

エトセトラエトセトラ。

 

こんな無知な旦那さんを初めて見た(衝撃)

 

あったかい

その日の夜の感想。

 

あったかい。

 

の一言だそうだ。

 

いつも毎冬になると、Tシャツを2枚羽織ったり、下手したらパーカーを着ていた旦那さん。

 

肌着を着てパジャマを着ただけだけどあったかい、と感動。

 

確かにパジャマって薄っぺらいけど、不思議と保温効果があります。

 

それに寝ている最中は意外に汗をかくので、コットン(綿)100%の素材のものが多い

それに比べて、旦那さんが愛用していたTシャツはポリエステルなどの化学繊維が多い。

 

汗の吸収率や柔らかな温かさ肌触りは、Tシャツでは味わえない!

ゆったりしてる

パジャマのなにがいいって、これに尽きる気がします。

 

ゆったり着れること。

 

旦那さんが着ていた、ジャージやTシャツは日中動くことを想定して作られています。

でも、パジャマはとにかくリラックスるするために作られている。

 

だから、普段の自分のサイズと夜のパジャマのサイズって自然とゆったりしたものになります。

 

多分、旦那さんは記憶史上初めて、これだけゆったりした服を着たのではないだろうか。

 

その感動たるや、想像に難くない(笑)

パジャマはやっぱりすごい~まとめ~

menzupajama-yapparisugoi

翌日の旦那さんのパジャマの感想。

 

ゆっくり寝れた気がする。

 

それなりに科学的に根拠のある事実だとは思いますが、1日で身体の改善等々までは行かないことはあきらかでございます。

 

でも、なんというのか、あれですね。

信じる者は救われるというプラシーボ効果。

 

これで旦那さんの睡眠の質が上がるなら、パジャマ一つぐらい安い買い物です。

 

 

世の奥様の同志の皆様。

 

旦那様、夜寝るときなに着てますか?

もしかして、スーツの格好のまま寝てたりしませんか?

こどもたち昼寝の延長で疲れてそのまま日中の服で寝てませんか?

 

おこまの旦那さんいわく、早くパジャマを着てれば良かったとのこと。

 

寝るときはパジャマ!

です!