こどものパソコン練習はマウス操作で半分完了!元パソコンインストラクターで母のお手軽パソコン講座。

こんにちは。

おこまです。

 

おこまは元パソコンインストラクター。

 

現役時代は小学生をメインに、一般の生徒さんの指導をしていました。

 

そんなわけで退職した現在も、我が子やときどき出張サービスで個人に、パソコンを教えることもあります。

 

その中で一番重きを置いているのがマウス操作。

 

なんでこれが重要かって?

 

めっちゃ重要なんです!

コレ!

 

 

というわけで、今回は「マウスの操作をとにかくひたすらです!」のおはなし。

なぜマウスの操作が大事なのか

kodomo-pasokonn-mausu-rennsyuu

パソコン教室に入ると、一番最初に練習するのがマウスの操作。

 

初心者の方がパソコン教室のコースに入会すると、まずここからはじまるのは言うまでもありません。

 

でも、大手の系列店などのパソコン教室はとにかくどんどん進んでしまうので、マウスの操作はやりながら覚えましょうというスタンス。

 

最初の1回目の授業のみでマウスの練習終了というパターンが多い多い。

 

おこまがパソコン教室を開いたら、マウスの操作を1回でなんて絶対終わらせません!

最低でも慣れるまで(おこま判断)は、次のステップに進ませません!

 

マウス操作だけでコースの3分の1終了とかありえそう。

 

おこまはそのくらいの気持ちで、現役講師のときにマウスを重要視していました。

 

マウスなくてもショートカットなどを駆使すればパソコンの操作は可能ですが、それはまだまだ先の話し。

画面タッチでは動かない事を知る

おこまが現役時代にはスマホやアイパッドなどといったハイテク機械はありませんでした。

 

しかし、現在。

 

スマホが世間に溢れ、小さな子供のころから触れる機会が増えた昨今。

 

ときどき知人のこどもにパソコンのいろはを教えてあげると

 

ほぼほぼ100%の確率で画面をタッチする!

 

画面タッチじゃパソコンは動かないんだな~・・・

 

※設定や専用ソフトを入れてあげると画面タッチも出来るようになります。 

 

マウスを動かすことを知っているこどもさんでも、マウスの操作に困ると画面をタッチしたり、次の画面に動かしたり前の画面に戻りたいときにスワイプ(指でサッと画面を動かすこと)する。

 

いやいやいやいやいやいや・・・

 

パソコンはマウスありきというのを結構な率で知らない。

 

だから、今はマウスがないと動かないなんだよ、というのを徹底させてます。

パソコンのアイコンは小さい

しかも、ワードやエクセルを開いたときに表示されるバーのアイコンはとにかく小さい。

 

下向き▼を押すときも、右上の×を押して終了するときも、小さいアイコンをクリックして操作を行います。

 

もちろん大きく表示させてあげることもできますが、それでは他のパソコンを触るときにあたふたしてしまうので、基本設定のまま練習するのが一番。

 

ときどき、マイパソコンを持ってくる人もいましたが、それは自分のパソコンしか触らないという人限定で許可していました。

 

その小さなアイコンをクリックするためには、やっぱりそれなりのマウスの操作が必要になってきます。

 

しかも、ドラッグしたりすることも多い。

素早くダブルクリックとか、こどもには難しい。

 

さらに、アイコンは画面上の端から端までありとあらゆるところ、画面のギリギリのところにも表示されています。

 

マウスが机の上でもう動かせないからと、イライラして怒ってしまうこともとっても多いです。

 

だから、マウスの操作ごときと思われるかもしれませんが、こどもにとっては大事な練習になります。

元パソコンインストラクターの経験上

これはもう元パソコンインストラクターだったからとしかいえませんが、マウスが出来ないと教えようがない。

 

どういうことかというと

 

例えば、あるAさんというおじいちゃんがパソコン教室に入会しました。

Aおじいちゃんはとってもパソコンの練習に熱心で、お家に帰ってもその日にやったページを毎日復習します。

 

ところがある日、どうしても復習でつまいづいてしまったAおじいちゃんは、パソコン教室に電話をかけてきます。

 

Aおじいちゃん:「おこまさん、ワードの文字を大きくするところの下向き▼をおしたんだけどどうしても数字が出てこんのじゃ。」

 

文字を大きくするときは、それで合っていますのでもう一度クリックしてみてください。

 

Aおじいちゃん:「ええ~・・・、こうかの?こうか?これでどうじゃ。」

 

Aさん落ち着いてください~。

 

Aおじちいちゃん:「ええい!どうだ!このやろ!あ!え!なんか変なの出てきた!」

 

大丈夫ですよ~。もし小さな画面だったら×をクリックすれば消えますよ~。

 

Aおじいちゃん:「ああ!!なんじゃこれ!なんか変な動画が流れ始めた!」

 

・・・(今何してるの!?ワードで動画って!?)

 

最終的にマウスの誤クリックで、下のアンダーバーの動画ソフトを起動してしまったことが判明したのですが。

 

といった具合に、電話越しで操作案内しようにもマウスのクリックの場所を間違えてしまうと、どんなにこちらが簡潔に案内をしても、問題を解決することができなくなってしまうんです。

 

こどもたちはさすがに教室に電話をかけては来ませんでしたが、ちょっと席を外して戻ってみると

 

こども生徒:「先生、なんか変なの出てきた!」

 

う~ん・・・どこクリックしちゃったのかな~・・・

 

こども生徒:「クリックなんてしてないよ!」

 

・・・(したよ!!!)

 

なんてのもざらでした。

 

どんな教室にいっても、小学校でプログラミングの授業がはじまったとしても、最低ラインとしてマウスは動かせるという条件があります。

 

出来る子はすぐできますが、ちょっと日が空けばすぐ忘れてしまう子もいます。

 

小学校のプログラミンの授業も、国語や算数の授業のように毎日毎日やるものではないはずです。

 

お家で、どれだけパソコンを触る(もといマウスをさわる)かでベースは大分変わって来ると思います。

 

小学校でのパソコンの授業でも、プログラミング教室に行くにしてもマウスは重要。

 

こどもにおすすめのマウス練習ゲーム

kodomo-pasokonn-mausu-ge-mu

我が家でもときどき我が子相手にパソコン教室を開いていますが、基本はマウスの練習とタイピングの練習。

それにプラスして、パソコンで行うマインクラフトのゲームをご褒美でやらせています。

 

ワードやエクセルといった専門的な知識は、小学生のうちはまだまだ必要ありません。

 

プログラミングの授業をするときに必要なのはやっぱりマウス。

そして、キーボード。

 

そこから、プログラミングという授業がやっとこさ始まるわけです。

リテラシー

www.kashiwa.ed.jp

こちらは柏市の教育委員会のサイトなのですが、こどもはとっても楽しくマウスの練習ができます。

 

お寿司やお菓子をクリック・ダブルクリックしたりして食べましょう!というゲーム。

 

娘はそうとう気に入ったのか、最初のころエンドレスでやり続けていました。

パソコン市民講座

www.4353p-club.com

こちらもマウスの練習でゲームが楽しめるサイト。

飛んでいる風船をクリックでわったり、金魚をドラッグですくってみたりと、結構楽しめます。

なるほどネ!

www.naruhodo.net

こちらはドラッグの練習をするのにおすすめ。

 

通路の中をボールをドラッグしてすすめゴールするもの。

 

息子は最初のころ、これが全然できなくて大泣きして大暴れ。

泣きながら練習していました。

 

泣きながらやると力が入って余計できないぞ~・・・

 

相当くやしかったんですかね(笑)

 

 

どれも「マウス練習 ゲーム」と検索すると、実にさまざまなサイトが出てきます。

 

こども向けのものであったり、大人向けのものであったり内容はいろいろ。

 

自分のお子さんにあったものを見つけてみて下さいね!

文字をを読まない探さないこども~まとめ~

kodomo-pasokonn-moji-yomanai

そして、マウスをクリックするのにとっても大事なことが1つあります。

 

それは文字を読むこと。

 

パソコンの画面で前の画面に戻りたい進みたいとき、スマホならスワイプ(画面をサッと右左に動かす操作)すればすぐ戻ることが出来ます。

でも、パソコンは「戻る」や「次の画面」「1,2,3、4・・・」といった文字をクリックするパターンが多い。

 

我が子もそうなんですが

 

息子:「お母さん、先にすすめない~」

娘:「お母さん、戻れない~」

 

・・・(文字を読め!そこに書いてあるだろうが!!!)

 

パソコンはどこかしらにヒントになる言葉がたくさん隠れています。

 

困ったときには「Q&A」をクリックする、次の画面に進みたいなら「次の画面」をクリックする。

 

そういったちょっとした言葉を画面上から探さねばなりません。

 

でも、スマホは感覚的にどんどん進むことが可能(おこまの感覚だと)なので、そういった探す&読むという動作がほとんど必要ありません。

 

最近のスマホのサイトはよく出来ていてとっても見やすいです。

 

それに比べパソコンの画面は慣れていないと見づらい。

画面が広いがゆえにあらゆるところにクリックする箇所が隠れています。

 

そしてそれを探せたとしても、そこまでマウスを移動させ小さな文字をクリックできなければ次に進むことは出来ません。

 

スマホよりよほど頭や手を動かすとおこまは思います。

なので、マインクラフトも基本パソコンでやらせます。

 

頭も目も画面も手もキーボード・マウスあらゆるものを駆使します。

 

おこまのゲームの優先順位は

スマホ < アイパッド << プレステ <<< パソコン

というぐらい、スマホは簡単。

 

簡単だからこそのこの普及。

 

 

こどもの遊び道具にアイパッド。

ではなく

パソコン。

 

元パソコンインストラクターで母のおこまはそう思う今日この頃でした。

 

 

ちなみに習い事でプログラミング教室に行かせるなら、オンラインはやめた方がいいです。

f:id:okomanoheya:20200130115603j:plain・こどもにオンラインのプログラミング講座をやらせる最大のデメリット。

www.rakutinnrabo.com

 

理由はこの記事でしつこく紹介しました(笑)

 

行くなら直接指導してもらえるとこ。

 

さらに体験教室はとっても大事!

f:id:okomanoheya:20200130115603j:plain・小学生のプログラミング教室は焦らない。親子で最初に確認すること。

www.rakutinnrabo.com