弱視のこどもだっていろいろできる!可能性無限大だからなんでもチャレンジしてみる。

我が家のこんにちは。

おこまです。

 

我が家には2人のこどもがいます。

 

そして、2人とも「弱視」。

 

下の子は3歳から、上の子は6歳からメガネを着用しています。

 

 

弱視と診断されて、悩んでいるお父さんお母さん。

こどもの能力って無限大。

 

 

というわけで、「弱視の我が子に好きなことをやらせる」についてです。

目の訓練とは?

kodomo-jakusi-hukusayou-kunnrenn

「弱視」と診断されると、まず目の視力検査が行われます。

それの結果をもとにメガネを作製。

 

基本「メガネの着用」=「治療」になるので、メガネなしではお話にならないのが弱視の治療。

 

とにかくメガネをかけることが重要。

 

※メガネをかけるほどではないけれど、弱視と診断された場合は目薬のみの治療で終了してしまうことも。

 

さらに、そこに加えてより効果を高めるために、視能訓練士さんの指導のもと「目の訓練」が行われます。

 

目の訓練といっても、部屋にこもって身体や目を一生懸命動かすようなリハビリを想像される人も多いと思いますが、その内容は結構拍子抜けする内容。

色塗りや間違い探し

例えば、色塗り。

 

え?そんなんでいいんですか?

 

と、おこまも思わず聞いてしまったのですが、そんなんでいいそうです。

 

ほかにも線を引く。

例えば、左端から右端に一本の線をまっすぐに引く。

 

もう少し大きくなると、字を読む書く。

 

左と右の絵を見て、間違い探しをする。

 

などなど。

 

おこまも、最初に「弱視」と聞いたとき、手術しないと治らないのかしら?入院してリハビリのようなものが必要なのかしら?と、結構ビビっていたのですが、意外にこんな感じ。

 

確かに、その子の弱視の程度によるかもしれませんが、おこま家での訓練はこうして進んで行きました。

 

ちなみに病院行ってやるのではなく、毎日家で行います。

アイパッチ

そして、より効果を期待する方法として「アイパッチ」の着用があります。

 

「アイパッチ」とはいわゆる「眼帯(がんたい)」のこと。

 

視力が弱い方の目を訓練させる方法で、あえて良い方の目を隠して行う訓練になります。

 

片方だけの子もいれば、両方の目を交互に行うことも。

 

おこまのこどもたちは、下の娘はこの訓練を行いましたが、上の子は一切なし。

両目を交互におこないました。

 

同じ兄妹でも、視力や弱視の程度がもちろん違うので、訓練の方法はさまざま。

 

こうした訓練も、時間ややり方などがその子によって違います。

訓練時間も視能訓練士さんの指導がありますし、その内容も細かく指導してくれます。

 

なので、自分で判断せずに必ず病院に行って相談してくださいね。

 

おすすめのメガネやアイパッチの弱視記事はこちら

f:id:okomanoheya:20200130115603j:plain・弱視の子供におすすめメガネ。視能訓練士さんの紹介から選ぶ。

okomanoheya.hatenablog.com

きっかけは色々

kodomo-jakusi-hukusayou

そんなこんなで、弱視と診断され数年経ちました。

 

 

こどもたちに思わぬ副作用が出始めています。

 

ええ!!なにか薬の副作用ですか!?

 

 

いやいや、そんな深刻な体の副作用ではないんです。

 

ちょっとした珍事とでもいうのか。

弱視がきっかけになったというか。

息子編

息子がメガネをかけはじめたのは小学校1年生とき。

 

その前から下の娘はメガネを着用し、アイパッチをして訓練を行っていました。

だから、娘の視能訓練の様子をよく見ていた。

 

とくに印象的だったのが、アイパッチだったようで。

 

ある日、T●UTAYAでDVDを借りようとみんなで探していた時のこと。

 

あそこゲームの商品も販売しているのですが、そこを見ていた息子が興奮してわたしのもとにやって来ました。

 

「お母さん!おこま子(娘ね)がゲームの中にいる!」

 

はい?

 

君、おこま子はゲームには登場しませんよ。

 

よくよく見ると


戦国BASARA4 皇 Best Price

 

あ~。

 

kodomo-jakusi-hukusayou-gantai

  

当時のバージョンこそすっかり忘れてしまいましたが、息子は彼に興味津々。

 

あまりに熱意におこま夫婦は折れ、中古のソフトでしたが購入しましたとも。

 

それからというもの、息子は日本史が大好き。

旅行に行っても、お城には必ず行かされ、博物館や資料館に鎧や刀が置いてあればいつまででも居られ、仕舞いにはマイカメラで写真を撮りまくるという。

 

熱中具合がすごい・・・

 

ちなみに現在ハマっているのは「家紋」。

今度の誕生日には、家紋の一覧の本を買ってもらいたいそうだ。

 

今更ですが、各地のおもてなし隊にも会いたいらしい。

日本地図もこのゲームのキャラクターで覚えたというおまけつき。

 

すごいぜ息子よ・・・

 

てな具合に、歴史オタクになりつつある。

娘編

で、娘はというと。

 

絵の才能。

 

3歳という早い段階で弱視が判明した娘の視能訓練の方法は、色塗りがメイン。

最初は大雑把なものからはじまり、段々細かいものに。

 

まだ字がよくわかっていなかったので、こうした絵の訓練がとても多かった。

線を引くとか、お絵かきをするとかね。

 

目の訓練と数字を覚えるのににちょうどいいかなと、何回か買ったのはこちら。


たっぷり楽しむディズニーパズル塗り絵大集合 数字に合わせて色を塗るだけ!! (ブティックムック)

 

数字の入っているマス目、それぞれ指定された色を塗って行くと絵が浮かび上がってくるという塗り絵。

 

こどもにはかなりの集中力と、色の判断、マス目の区切りを認識する力など、色々な要素が詰まっています。

娘はこれをアイパッチ着用でやったことも。

 

相当疲れたと思います。

 

頑張ったな~。

 

そんなわけで、娘は親のわたしがいうのもなんですが、色塗りお絵かきが上手。

 

多分小さいころから、いろいろな絵を見てきたからかな。

 

将来は

 

「お絵かきのできる大学に行くの」

 

だそうだ。

 

たまびか、げいだいか?

 

さらに中学は美術部に入ることをすでに決めているとのこと。

 

頑張れ、娘!

弱視だからと悩む必要はない~まとめ~

kodomo-jakusi-hukusayou-nayamu

「弱視」という目の病気だからと不安になっている親御さんも多いと思います。

 

おこまも以前はその一人。

 

でも、意外や意外。

ふたを開けてみると、普通の生活と全く変わらない。

 

おこま家では、2人とも少年野球とスイミングを習っています。

スポーツで、メガネを着用して困ったことはありません。

 

困ることは普通のどこにでもいる親と同じ(笑)

f:id:okomanoheya:20200130115603j:plain・少年野球はお金がかかる?主婦目線でまとめてみた。

www.rakutinnrabo.com

 

メガネをして激しいスポーツをするのは大変だろうと思われるかもしれませんが、ゴーグルやスポーツメガネなど、現在は度数入りのものも販売されています。

壊れにくい強化ガラス製のものなど実にさまざま。

 

スポーツの習い事だっていろいろチャレンジすることが可能。

 

こうしたこどもの悩みは一人で悶々としていると、どんどんツボに。

 

心配なら、病院の先生に相談してみて下さい。

視能訓練士さんにアドバイスをもらって下さい。

 

どんなことでもいいと思います。

 

 

おこま家のように、意外なところから意外な才能が出て来ることだってある。

こんなおもしろい珍事に出会えたのも、視能訓練のおかげです。

 

こどもの可能性は無限大!

どんどんいろなんことやらせてあげ下さいね!